ジャンク帆舟とショベルカー、そして・・・ マラッカ川 河口域

Tonys NetMelaka Home温故知新写真館>ジャンク帆舟とショベルカー、そして・・・ マラッカ川 河口域

タン・キム・セン橋からマラッカ川上流方向の風景(昔と今)

上下の写真を見比べると、川の流れは変わっていませんがジャンク舟が往来していた昔、現在は浮き桟橋に乗っかったショベルカーが作業しています。マラッカの新しい「リバーサイドウォーク」というプロジェクトのため両岸に遊歩道を建設中(2004年に完成済み)なのです。

ジャンク舟のマストが高層ビル(エンペラー・ホテル)に置き替わっているのもお忘れなく。

タン・キム・セン橋からマラッカ川上流方向の風景(今と昔)

リバーサイドウォーク建設中の河口域

左の写真は3本上流の橋から下流に向かってChan Khoon Cheng Bridgeとフランシスコザビエル教会を撮影した写真です。やはりマストに帆を立てたジャンク舟が写っています。

Chan Khoon Cheng Bridgeとフランシスコザビエル教会

賢明な方は気づかれたと思うのですが河口にあるマラッカ港まで荷物の運搬をするジャンク舟のマストが橋脚に架かる橋桁よりあきらかに高いのです。どうやって河口まで行き来したのか?ナゾです。

橋を通過するときにマストをはずしたのか?それとも橋と橋の間だけの運行を担当していたのか・・・謎は深まるばかりです。

Chan Khoon Cheng Bridgeとフランシスコザビエル教会