Tonys Netマラッカアクセス>シンガポールからマレーシアへの国境を越えるテクニックと心得

シンガポールからマレーシアへの国境を越えるテクニックと心得

シンガポールからマレーシアへの国境を越えるテクニックと心得

シンガポールからマレーシアへは、バスやタクシーで国境を越えることが出来ます。本章ではマレーシアからシンガポールへ、もしくはシンガポールからマレーシアへ長距離高速バスに乗って国境を越えるテクニックと心得と題し、実用な情報をお伝えします。

出入国カードや、両国の滞在VISAについては既に別のページで解説していますので本章では省略させていただきます。出入国についてお知りになりたい方はマレーシア入出国VISA情報(別窓)からどうぞ。

国境通過に対する基本概念

まず、国境を通過する基本概念から説明です。日本を出国する場合、船舶での旅を除きほとんどの方が飛行機に乗って目的地の国の空港まで空路で移動することになります。

マレーシアとシンガポールはコーズウェイ(旧橋)とセカンドリンク(新橋)という2本の橋によって結ばれており、海というより川のような海峡(ジョホール水道)を渡ると国境を越えることになります。

飛行機とバスという移動の手段、それに手荷物の預け方の違いがある他は、出入国の手続きは基本的にどの国でも同じ仕組みなので、日本とマレーシアでの国境越えの方法を表にしてみました。

日本からマレーシア→シンガポールへ向かう場合

日本出国 マレーシア入国
出国手続:空港で搭乗する飛行機のチェックイン手続きした後、出国カウンターにてパスポートを提出。出国スタンプを受けて搭乗口から飛行機に乗る。
移動:飛行機にて空路、マレーシアの国際空港まで移動。
到着:飛行機を降りたら、イミグレーションカウンターに向かう。
入国手続き:入国審査を受けたら、機内に預けた荷物をターンテーブルで受け取り税関審査場で通関手続き。
税関審査:申告品を持っていない人は、緑の免税ラインへ。審査を受けて前方に進み、ドアを出たらそこは常夏のマレーシアです。
目的地 マレーシアへ入国完了!
マレーシア出国 シンガポール入国
出国手続き:マレーシアからシンガポール行きのバスに乗ってマレーシアの国境にて下車。徒歩でイミグレーションカウンターへ。出国スタンプを受けて同じバスに再乗車する。
移動:バス・タクシーにて陸路、橋を渡ってシンガポールへ移動。
到着:バスを降りたら、手荷物を全部持ってイミグレカウンターに向かう。
入国手続き:パスポートを提示し入国審査を受けてシンガポール入国、そのまま前方の税関審査場で通関手続き。
税関審査:申告品を持っていない人は、緑の免税ラインへ。通関後同じバスに再乗車し、シンガポールのバス停まで移動。
目的地 シンガポールへ入国完了!

以上、飛行機を使うか?長距離高速バスを使うか?という移動手段の違いこそあれ出国や入国の手続きには変わりありません。陸路で国境を越える旅の想い出になると思います。

以下、マレーシアからシンガポールへ、逆にシンガポールからマレーシア(マラッカ)へ国境を越えるテクニックの注意点と用意するモノをまとめてみましたので参考になれば幸いです。

長距離高速バスを使ってマレーシアから国境を越えるテクニック

バスに乗る:長距離高速バスのチケット(完全指定席)を購入してバスに乗り込む。大きな荷物はバスのトランクへ預ける。貴重品は手荷物に!
高速バスの冷房はかなり冷えているので防寒対策を忘れずに!
マレーシア出国手続:マレーシア側の国境にて下車して徒歩でイミグレーションカウンターへ。この時、荷物を全部持っていく必要はありません。貴重品はバスの中に放置せず必ず携行して下さい。パスポートを提示し出国スタンプを受けて同じバスに再乗車。
バス会社の名前と色、出来ればナンバープレートの番号を覚えておいて下さい。

パスポート
マレーシア出国カード(出国カードは2016年現在不要です)
貴重品
国境通過:バスに乗ったまま、橋を渡ってシンガポールへ移動。アッという間の出来事です。
シンガポール入国手続:バスを降りたら、バスのトランクに預けた大きな荷物を含めすべての荷物を持ってイミグレカウンターに向かう。パスポートを提示し入国審査を受けてシンガポール入国、そのまま前方に進む。

パスポート
シンガポール入国カード
手荷物全部
税関審査:申告品を持っていない人は、緑の免税ラインへ。手荷物は係員の指示に従いレントゲンで通関チェックを受ける。通関後、同じバスに乗り込む。シンガポールはタバコの持ち込みをすべて課税対象にしているので愛煙家の方は注意が必要。

パスポート
手荷物検査
到着:バスはシンガポールの国境から、高速道路でシンガポールのシティへ向かいます。約2~30分で目的地のバスステーションに到着。おつかれさまでした。
降車前にバスに忘れ物がないか?もう一度チェックをして下さい。
長距離高速バスを使ってマレーシアから国境を越えるテクニック

長距離高速バスでシンガポールからマラッカへ国境を越える

バスに乗る:シンガポールのMRT(地下鉄)ラベンダー駅から徒歩5分のバスステーション行き、ここで長距離高速バスのチケット(完全指定席)を購入してバスに乗り込む。大きな荷物はトランクへ預ける。

高速バスの冷房はかなり冷えているので防寒対策を忘れずに!
シンガポール出国手続:シンガポール側の国境にて下車して徒歩でイミグレーションカウンターへ。この時、荷物を全部持っていく必要はありません。貴重品はバスの中に放置せず必ず携行して下さい。パスポートを提示し出国スタンプを受けて同じバスに再乗車。
バス会社の名前と色、出来ればナンバープレートの番号を覚えておいて下さい。

パスポート
シンガポール出国カード
国境通過:バスにて陸路、橋を渡ってマレーシアへ移動。アッという間の出来事です。
マレーシア入国手続:バスを降りたら、バスのトランクに預けた大きな荷物を含めすべての荷物を持ってイミグレカウンターに向かう。パスポートを提示し入国審査を受けてマレーシア国入国完了、そのまま前方に進む。!

パスポート
マレーシア入国カード(国カードは2016年現在不要です)
税関審査:申告品のない人は、緑の免税ラインへ。通関チェックを受ける。通関後、同じバスに乗り込む。国境越えはこれにて終了。

パスポート
税関申告カード
手荷物検査
到着:バスはマレーシアの国境から、高速道路でマラッカへ向かいます。約3時間で目的地のバス・ステーションに到着。おつかれさまでした。

降車前にバスに忘れ物がないか?もう一度チェックをして下さい。

陸路で国境越える行為自体が旅の想い出になると思います。たまに写真を撮ってる方がいらっしゃいますが、出入国エリアは保安上の理由から撮影禁止です。身柄を拘束されカメラを没収されるコトもありますので、気をつけて下さい。写真撮影禁止エリアです。

長期滞在する方は入国スタンプの滞在期限を確認しましょう

2011年7月から始まった、マレーシア入国時の指紋認証システム。入国時に右手人差し指をスキャンして、登録します。イミグレの係官が指紋認証済みのステッカーをパスポートに貼って、入国スタンプを押します。出国の際は、半券を切り取るようになっています。(2011年7月追記)


管理人Tony Kansaiのフェイスブックへ