Tonys Netマラッカアクセス>日本からマラッカへの行き方

日本からマラッカへの行き方

日本からマラッカへの行き方

日本からマラッカへの行き方、最短ルートはマレーシア航空、エアアジア、JAL、ANAの日本~マレーシアクアラルンプール国際空港(KLIAまたはLCCT)経由で陸路マラッカへ向かうルートです。KLIA・LCCTクアラルンプール空港からマラッカまではタクシーで5000円、バスなら500円程度で、所要時間は約2時間です。

シンガポール経由で、タクシーやバスの陸路でマラッカに行くルートもよく利用されています。シンガポール市内からマラッカまでバスで4時間程度、乗車料金は2000円程度です。

参考リンク
KLIA2・KLIAからマラッカへ
シンガポールからマラッカへ

日本からマレーシア 最安値の激安航空券の探し方

タイ国際航空がノックエア、シンガポール航空がタイガーエア、マレーシア航空がファイヤーフライ社などアジア系航空会社が、自国の空港をハブにして格安航空会社(LCC)を経営しているケースが増えています。

こうした格安航空券が旅行代理店を介さずネットで個人がクレジットカードで決済する仕組みが広がっておりどのルートが最安値なのか?検討するのも複雑なのが現状です。フライトの時期や時間帯、経由ルートと選ぶ航空会社の組み合わせで航空券トータル支払い金額は千差万別の時代到来です。

こうした中で、最安値を探せばエアアジア社の羽田・関空~LCCTクアラルンプール空港がダントツ。ただし、機内食やドリンクサービスはその都度現金精算で、座席指定や機内に預ける荷物は重さに応じて別途有料となる。

マレーシア航空の機内食(エコノミークラス・2014年12月14日)関空~KL便にて

マレーシア航空の魅力その1 オールインワン価格

マレーシア航空はLCC(格安航空会社)と違って、JALさんやANAさんと同じくFSCと呼ばれるフルサービスキャリア(Full Service Carrier)ですから、機内に預ける荷物はエコノミークラスの搭乗でも受託手荷物は30kgまでチケット代金に含まれます。

機内へ持ち込む手荷物は棚に載る基本的な大きさで7kgまで無課金。また、予約時に座席のリクエストも無料で行えます。機内での食事、ビールやワインなどのアルコール飲料を含むドリンクも無料サービス。そして機内エンターテイメントで映画も無料!

燃油サーチャージ込みの料金なので面倒な追加料金はありません。

MAS(マレーシア航空)では機内の食事、ビールやワインなどのアルコール飲料を含むドリンクも無料サービス。そして機内エンターテイメントで映画も無料!

マレーシア航空をお薦めする魅力その2 笑顔のサービス

FSC(フルサービスキャリア)航空会社だけじゃなく、格安航空会社のLCCでもサービスは変わらない。どんな航空会社さんでも、サービスの質や品位を競い合って向上を狙っているのがホンネだと思います。

そんな中で、マレーシア航空さんをなぜ筆者がお薦めするか?その理由はのCAさんたちが、とってもフレンドリーで笑顔を絶やさないのです。7時間ほどの日本フライトには彼らの食事休憩時間もあると思う。しかし、筆者が追加のバーボン・コーラを頼んだら、ニッコリ笑顔で作ってくれて、撮影にも気軽に応じてくれた。

航空会社はウチのサービスが一番!と広告してはいけないと思う。経営サイドによる押しつけのサービスになり、現場のスタッフは緊張して、プレッシャーに押されてストレスを受け仕事をしている空気が乗客へも伝わる場合があります。

マレーシア航空のCAさんには、朗らかな余裕を感じます。個人がのびのび笑顔で接客する航空機内は、とても快適に過ごせます。難を挙げるとすれば、日経航空会社と違ってすべてのCAさんが日本語で会話できないことかもしれません。

マレーシア航空さんの場合、日本へフライトする機内に数人の日本人CAさんも乗り込んでいますが、全員ではないためそれなりの英語サバイバル術が必要になります。でも、せっかくの海外旅行なんだから、身振り手振りの英語もまた楽しい想い出になるのでは?

マレーシア航空をお薦めする魅力その2 笑顔のサービス

時には驚愕の最安値となるマレーシア航空の正規割引チケット

しかし、レーシア航空の正規割引チケットに「ジマット」というカテゴリーがあり、時によってはエアアジアよりも安い場合がある。筆者も何度も利用しているがツボにはまれば本当に安い。

そして、もう一つ。忘れてはいけないのがシンガポール航空。日本からシンガポール経由でクアラルンプールへ向かうのは、意外と穴場的な格安プロモーションがある。逆経路の、クアラルンプール起点のシンガポール経由日本行きの航空券は信じられない格安航空券であることが多い。

アジアの各国航空会社が発売している航空券だが、到着時間が深夜だったり、出発時間が限りなく夜に近い早朝だったりする。そのために余分なホテル代や、移動交通費を支払うならば、マレーシア航空のジマットを使うべし。

機内食は、ごく普通以上に美味しいし、酒もワインもビールも無料で飲み放題。そしてエコノミーでも30kgの荷物が無料で預けられるのでR。断っておくが、筆者はマレーシア航空から広告料をもらっているわけでもない。ホントにオススメなのだ。

エアアジア社のチケットは、エアアジアのホームページからクレジットカード決済で購入するシステム。日本語のサイトだから画面に従って入力すれば最安値の航空券を買えます。パスポートの情報入力が必要なので、手元に用意しておきたい。

そういうのが面倒な手順が嫌な方は、旅行代理店さんにお願いして、JAL、ANA、マレーシア航空の直行便を買うか?マレーシアに就航している航空会社の乗り継ぎ便チケットを買うようにして下さい。そちらならばマイルもつくかも・・・

日本から直行便でマレーシアに定期便を就航している航空会社



マレーシアに就航しているLCC(格安航空会社)




マレーシアに経由便で定期便就航している航空会社






管理人Tony Kansaiのフェイスブックへ