Tony's Netマラッカガイドマラッカへのアクセス>KLIA2/KLIA2・KLIAクアラルンプール国際空港からマラッカへの行き方

KLIA・LCCTクアラルンプール国際空港からマラッカへの行き方

KLIA2・KLIA LCCTクアラルンプール国際空港からマラッカへ

マラッカの最寄りの国際空港であるKLIA2・KLIA・クアラルンプール空港からマラッカへの行き方は、さまざまなルートあります。最も早く、ラクに移動できるのが空港リムジンタクシーを使うルート。最も安いのは、空港からトランスナショナル社の高速バスで移動するルートで、1日11便運行されています。

追記:2014年5月にLCC(格安航空会社)専用のKLIA2ターミナルビルが新設され、それに合わせて旧LCCTターミナルの業務はすべて廃止されました。バスや鉄道のアクセスも同時に切り替わりました。

クアラルンプールのTBSバンダー・タシック・スラタンバスターミナルまでKLIAトランジット鉄道で移動して、マラッカへ向かうバスを乗り継ぐ場合、便数が多くタイムロスが少ないですが乗り継ぎ乗り換えの手間が増えます。

レンタカーで移動するルートはマラッカに着いてから近郊に出かけるのがラクです。いずれのルートも、一長一短あります。予算や移動時間のロスを考えて、旅のスケジュールを組み立ててください。下のイラストリンクから、それぞれのルート解説にリンクしています。



空港リムジンタクシーでマラッカへ

KLIA2・KLIAクアラルンプールから空港リムジンタクシーで、マラッカの目的地に直行するルートが筆者のイチオシのルートです。理由は、日本や海外からマラッカを目指しKLIA2・KLIAに到着する場合、重い荷物を抱えての移動となります。タクシーなら荷物をトランクに入れてラクラク目的地のホテルなどに直行できます。

バスや鉄道で移動しても、ターミナルからマラッカ市内の目的地までの移動があります。タクシーならダイレクトに目的地まで移動できるのが最大のメリットです。空港ビル内のカウンターで目的地を告げて、事前に支払いをするチケットシステムで、料金もガラス張り。遠回りして、ボラれる心配もありません。

土地勘のない方でも、運転手さんにまかせて安心。至れり尽くせりのリムジンタクシーの利用料金は最低ランクのバジェットクラスで160リンギ程度です。

参考リンク
KLIAクアラルンプール空港からタクシーでマラッカへ
LCCTクアラルンプール空港からタクシーでマラッカへ

KLIAリムジンタクシーでマラッカへ

空港から直通バスでマラッカへ

1日11便24時間体制でTransnational社が運行しています。KLIA2・KLIAクアラルンプール空港からマラッカのセントラルバスターミナル(一部マコタメディカルセンター行き)まで直行バスが就航しています。利用料金は21リンギ90セント(2014年5月現在)。日本円に換算して約700円という安さは、数あるルートの中でも最安値で結ぶ公共交通機関です。

エアコンが効いた新型のバスを使っているので移動は快適です。大きな荷物を預けるトランクもバスの下部にあります。難点は、1日11便という少ない本数ですが、時間的なタイミングが合えば利用すべき移動手段だと推薦します。トランスナショナル社のサイトからオンライン予約が可能です。

参考リンク
KLIA2・KLIAクアラルンプール国際空港からマラッカへの直行バスについて
トランスナショナル社(Transnational Bus 英語サイト) オンライン予約も可


より大きな地図で KLIA2・KLIA空港から直通バスでマラッカへ を表示

KLエキスプレス鉄道+バスでマラッカへ

KLIAの開港と同時にクアラルンプール市内を最短28分で結ぶエキスプレス特急として誕生したKLIAエキスプレスと、途中のバンダータシックセラタン駅やプトラジャヤ駅に停車する、KLIAトランジット(KLIA Transit)を利用して、KLのバスターミナルからマラッカへ向かう、昔からある定番ルートです。

2010年まで、KLからマラッカ行きのバスはプドラヤバスターミナルから発着していましたが、2011年以降バンダータシックセラタン・バスターミナル(略称BTS-TBS)に集約されています。まず、KLIA2・KLIA空港ターミナルビルからバンダータシックセラタン駅を目指します。

KLIA(クアラルンプール国際空港)からは、到着ロビーからエレベーターでターミナルビルの地階にあるKLAIトランジット急行駅に移動して、切符を買って乗車すれば26分でBTS駅に到着します。

LCCTからKLIAトランジット急行を利用するには、セラティンギ駅(Selak Tinggi)間のシャトルバスを利用して乗り継ぎます。LCCTから〜バンダータシックセラタン駅または、KLセントラル駅までの乗車券には、LCCT〜セラティンギ間のシャトルバス運賃も含まれています。追記:新設されたKLIA2空港にKLIAエキスプレスが乗り入れています。

BTS駅に到着したら、案内看板を見ながらBTSバスターミナルへ徒歩で移動します。屋根がついているので雨が降っても安心。未来都市のようなBTSバスターミナルまで徒歩5分程度の移動になります。

BTSバスターミナルからマラッカへは複数の会社が、ほぼ1時間に1本の割合で運行していますので、じっくり選んで、決めたバス会社のカウンターでチケットを買って、発車時刻の10分程度前には乗り込むようにしておきましょう。筆者のオススメはKKKL社、もしくはトランスナショナル社です。

BTSからマラッカセントラルまでの移動時間は、2時間〜2時間半程度。トイレ休憩に停まるバスもありますが、直行する場合もあります。途中でトイレに行きたくなったら、運転手さんに「トイレ・ストップ」を要請したら最寄りのサービスエリアに停車してくれます。車中はエアコンが効きすぎているので防寒対策をお忘れなく。

参考リンク
クアラルンプール【TBS-BTS】 TBSバンダータシックスラタンについて


より大きな地図で KLIA2・KLIA空港からKLエキスプレス鉄道+バスでマラッカへ を表示

レンタカーでマラッカへドライブ

マレーシアは過去イギリス植民地だったのでクルマは右ハンドルで、車輌は左側通行。日本とほぼ同じ交通ルールです。高速道路の走行は、極めてラクであるため運転に自信のある方は、渡航前に地元の警察署で海外運転免許証の交付を受けてレンタカーでドライブする方法論もあります。

レンタカーは、マレーシア政府のライセンスを所持する会社から借りるのを原則とすれば、事故の任意保険や車両保険も完備されているので、万が一の時にも安心です。とはいえ、当サイトではレンタカーによる移動のあらゆる責任を負いませんので、自己責任でご利用ください。

KLIA2・KLIA、LCCTいずれの空港ターミナルにもレンタカーの営業所カウンターがあります。F1マレーシアGP開催時期やマレーシアの国民の祝日以外は事前予約なしでも飛び込みで予約できます。レンタカーを借りるには、パスポートと海外運転免許証そして、支払いのためのクレジットカードが必要です。

申込用紙に必要事項を記入して、借りる車の傷みを確認してからサインします。自分でも一緒に汚れや傷を確認するのが得策です。ガソリンは満タン返しが基本、乗車前に燃料メーターを確認して説明があると思います。万が一の緊急連絡先なども一緒に説明がありますのでよく聞いておいてください。

ごく普通に、法定速度やルールをも持って運転する場合、罰則とは無縁であろうと思います。さて、マラッカまでのドライブルートを下記にGoogle社の地図で作製しましたので参考にして下さい。

参考リンク
マラッカでのレンタカーの借り方と運転ルール

KLIAから矢印に沿ってKL方面の有料道路に向かうのではなく、サマサマホテル(旧:パンパシフィックホテルKLIA)の横から、カンポンKLIAを越え20号線でニライまで抜けてそこから有料道路を使ってマラッカに向かう、タクシードライバーたちが使うルートを示しています。距離にして20キロの近道、移動時間が短いので参考にして下さい。


より大きく KLIA2・KLIA空港からマラッカへのドライブルート を表示