Tonys Netマラッカイチオシ名店>ポピア(生春巻き)の屋台

ポピア(生春巻き)の屋台

ポピア(生春巻き)の屋台

マラッカの名物料理「ポピア」。聞き慣れない名前ですが、マラッカではとってもポピュラーなメニューとして定着している生春巻きです。野菜がたっぷり使われていてとってもヘルシーな料理です。当サイトではB級グルメ攻略法のニョニャ料理で「ニョニャ・ポピア」を紹介済みですが、今回のポピアは中華風ポピアです。

ナニが違う?それは中身の具が違うことはもちろん、最大の特徴は包む材料なんです。

ニョニャポピアでは、小麦粉とたまごをミックスした超薄焼きパンケーキを使用しますが、マラッカの中華系ポピアはお米の粉を水で練った物を焼き上げて使います。どっちが美味い?それは筆者が語るべきものではなくマラッカにいらっしゃってポピアを食べたアナタに判定を委ねます。

ライスペーパーに具をのせてクルッと巻いたら出来上がり

野菜たっぷり! ヘルシーなナマ春巻き マラッカのポピア

ポピアに包まれているトッピングはお店によって異なりますが、どの店でもメインの具は切り干しダイコンのようなモノ。実は、小さな赤カブを短冊切りにして甘辛く煮込んだモノなのです。

ライスペーパーにグラマラッカと呼ばれる黒砂糖蜜を塗り(チリはオプション)、サラダ菜、モヤシ、ニンジンとキャベツの煮込み、おから、玉子焼きをたっぷりのせて、タマネギをカリカリに揚げたモノをトッピングします。最後の仕上げは、調味油。融解しているラードをタラリとかけてライスペーパーをクルッと巻き上げて出来上がり。

バラエティー豊かな具と極秘レシピの調味油はお店によってずいぶん異なります

普通は、4ッつに切り分けて食べますが切らずにそのままかぶりついても美味しく召し上がれます。野菜がたっぷり!とってもヘルシーな一品です。ちょっとしたおやつに、そして夜食にピッタリのサイズです。

既に紹介済みのニョニャポピア、今回ご紹介したマラッカの中華風ポピア共に美味しいマラッカでしかお目にかかれない地域限定のローカルフードですから、ぜひトライしてみて下さい。

神出鬼没な出店エリアと時間 ポピア(生春巻き)の屋台

気ままで神出鬼没な屋台ですから、毎日確実に◎◎で営業している!という屋台ではありません。ランチ時にはスタダイス広場(クロックタワー)をジョンカーストリートに向かって橋を渡り右手の角にある有名な「チキンライスボール」のお店の横で午後12~15時頃まで営業しています。

週末、金・土・日の夜20~22:30頃までならジョンカーストリートのパサマラム(夜店)のほぼ中央(橋から右手)に左側で営業しています。昼と夜で出店場所が違うので根気よく探してみて下さい。見つけたらラッキ~と思っていただくのが無難かも・・・

神出鬼没のオヤジさんなので、見つけることができたらラッキ~と思って探してみて下さい

ポピア(生春巻き)の屋台の出没エリア地図


より大きな地図で ポピアの屋台 を表示


イチオシ名店シリーズ TOPに戻る
マラッカガイド TOPに戻る