マラッカガイドアバウトマラッカ>プラウブサ(Pulau Besar)マラッカ海峡に浮かぶ神秘の島

プラウブサ(Pulau Besar)マラッカ海峡に浮かぶ神秘の島

ガイドブックに載ってない名所 プラウブサ島

マラッカ海峡に浮かぶ神秘の島「プラウブサ島」(Pulau Besar)は太古の昔より信仰の対象として崇め奉られてきた。1990年代から2000年初頭に欠けてリゾート開発が進められては、宗教的な理由で頓挫を繰り返してきた。島の大半は手つかずの自然が残されており、自然の生態系が護られている。

年間600種を超える渡り鳥が羽を休める中継地として、世界的にも有名な島でもある。いわゆる、リゾート開発された島にはないホントの自然がプラウ・ブサ島には残っている。ナンにもないのが唯一の特徴といえるプラウブサの魅力をレポートしてみた。

Pulau Besarプラウブサ島はマラッカ海峡に浮かぶ神秘的な南の島 プラウブサ島へのアクセス地図
マラッカ海峡に浮かぶ神秘の島 プラウ・ブサ島へのアクセス地図
マラッカ郊外ウンバイにあるプラウブサ島行きの海上タクシー乗り場。エェ?ここが船着き場?と疑いたくなるようなショボイ場所です。 マラッカ海峡をぶっ飛ばすプラウ・ブサ島行きの海上タクシーの正しい楽しみ方
ウンバイにある海上タクシー乗り場 マラッカ海峡をぶっ飛ばす海上タクシー
海上タクシーの利用テクニック 料金支払い方法や帰路の時間指定について プラウ・ブサ島の船着き場 かなり立派なコンクリート製の桟橋
海上タクシーの利用テクニック プラウ・ブサ島の船着き場
インド系マレーシア人のイスラム教徒にとって神聖なプラウ・ブサ島 年間600種を越える渡り鳥が羽を休めるプラウ・ブサ島はバードサンクチュアリ
神聖なるプラウ・ブサ島 年間600種を越える渡り鳥
プラウブサのリゾートホテル?
プラウブサ島にある廃墟のリゾート ナンにもない極上の南の島