Tonys Netマラッカ観光名所>マラッカ王宮博物館 Melaka Sultanate Palace

マラッカ王宮博物館 Melaka Sultanate Palace

マラッカ王宮博物館 Melaka Sultanate Palace

1396年に建国されたマラッカ王国のシンボルとして、初代パラメスワラ国王が建立した宮殿「マラッカ・ソルタン・パレス」。建立当時、マラッカ港を見下ろす西側丘陵地(セントポールヒル)の中腹にありましたが1511年マラッカを武力で侵攻、占領したポルトガル軍によって焼き払われてしまいました。

設計図も残っていない歴史上の建築物でしたが16世紀に著された「マラヤ年代史」、「マラヤ王統記」などの文章から推察し設計図面を作成し、マレーシア独立後現在の場所に移して復元されました。伝統的な高床式のマレー建築を後世に伝える貴重な資料となっています。巨大な木造建築ですが釘(クギ)を一本も使わず、組木で建てられています。

現在は「マラッカ王宮博物館」として一般に公開されています。ポルトガル占領時代のシンボル、ファモサ要塞(サンチャゴ砦)の右隣、イギリス占領時代に建てられた将校たちの社交を目的とした「マラッカ倶楽部」の初代クラブハウス(現在の独立記念博物館)の左隣に建っています。

開館時間は午前9:00~17:00(16:30まで入館可能)。月曜休館日および金曜日の午後12:45~14:45まで休館。館内は土足厳禁ですから履き物は脱いで入場してください。マラッカ王朝時代の歴史に関する展示物がズラリと並んでいます。王宮博物館の正面玄関向かいには広大なマレー庭園があります。

左から王宮博物館と独立記念館

次章 独立記念博物館に進む

マラッカの観光名所(市内編)Topページに戻る

マラッカの観光名所インデックスに戻る
マラッカガイドのTopに戻る