ジョンカーストリートのTopに戻ります
英語圏以外の白人にもボディ・ランゲージで果敢にトーク
英語圏以外の白人にもボディ・ランゲージで果敢にトーク
白人だからみんな英語で会話するワケじゃない。フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語で生活している人たちは英語が苦手な旅人も存在する。そんな観客も師傳のステージから目が離せない。
師傳がドイツ語を話すのを聞いたことがあるが、その他の言語に対してボディ・ランゲージを屈指して場を盛り上げる。観客はコメディアンを見るように会話を楽しみ、真剣な武道家のステージに手に汗握る。
2014年12月追記 椰子の実割り名人こと「何英輝」(ホー・エングィ)氏は、加齢による体力の限界を感じ、ご自身の意志で大道芸人を引退されました。師傳!長い間お疲れさまでした。

ジョンカーストリートにて
次章 猛獣をも黙らせる強靱なムチで、ナンと○○を斬る
大道芸人のインデックスに戻る
ジョンカーストリートのTopに戻る

マラッカガイドのTopに戻る
Tony's NetのHomeに戻る
Copyright ©2002-2018 Tony's Net and Jonker Guide All Rights Reserved.