Tonys NetMelakaAbout>マラッカで出会える動物たち

マラッカで出会える動物たち

マラッカで出会える動物たち

作家金子光晴氏が「マレー蘭印紀行」を 執筆取材のためマラッカ州のとなりに位置するバトゥパハッ(ジョホール州)に滞在していた昭和初期にはジャングルに潜むハリマオ(虎)やワニが闊歩していたそうだ。しかし、21世紀の現在、マラッカにはニンゲンを襲う危険な動物はいない。

森や山に食料がないから、ニンゲンの住む住宅地に出没し、出会い頭のニンゲン様を殺す熊も存在している日本のほうが危険な野生動物が多いのかもしれない。(+_+)

マラッカで見かけた動物をコツコツと取り集めた写真をまとめ「マラッカで出会える動物たち」と名付けました。マラッカZOO(公営動物園)での撮影が多いが、街で見かけるオオトカゲなどは迫力満点。旧市街の道ばたを歩いているので観光客でも目にすることが多いだろう。